[ubuntu-jp:1717] Re: Ubuntu 7.10は4月18日にEnd of Lifeとなります

Mitsuya Shibata mty.shibata @ gmail.com
2009年 4月 4日 (土) 15:42:21 BST


岡島さま、

2009/04/04 21:53 Jun OKAJIMA <okajima @ digitalinfra.co.jp>:
> こまるのが、EOLになると、
> (標準の)apt-lineからも姿を消しますよね。
> しかも、(apt-getからは)なんのガイダンスも出ない。
> 一定期間で別サーバに引っ越すみたいですが、
> 引越し先の移転通知などもない。

FeistyのEOLあたりから、EOLの告知をエンドユーザにもっと届くような方法は
ないかという話はたしかに行われていて、いくつかの方法が考えられています。
問題となるケースも含めてまとまっているのが、LP: #319146だと思われます。
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/update-manager/+bug/319146

また、1月のFoundation Teamのミーティングでは、update-manager側で
sources.listをold-release.ubuntu.comへ自動的に変更する手段を
用意できないかという話も出ています。

Jauntyでは、/etc/motdをアップデートの通知に使うみたいな話も
あったので、それも使われるかもしれませんね。


ただ、EOLはその名のとおり「寿命」が来た状態なので、
どういう形であれ「使いつづける」ことは推奨されません。
上記の話はあくまで、「いかにスムーズに新しいバージョンに
アップグレードできるか」という話であることに注意してください。


ちなみに他のご存じない方向けに、old-release.ubuntu.comの説明を。
Ubuntu 7.04 Feisty Fawnは、昨年10月にEOLを迎え、アーカイブ(archive.ubuntu.com)
に格納されていたFeistyのパッケージは、軒並み削除されold-release.ubuntu.comへ
移動となっています。現在、Ubuntu 7.04を使っていて、7.10もしくは8.04 LTS以降に
アップグレードする前に最新の状態に更新したい場合は、/etc/apt/sources.listを
手動で書き換える必要があります。おそらく7.10のEOL後に8.04へアップグレードする
場合も同様の作業が必要になりますので、早めのアップグレードをおすすめします。

詳しい手順は以下のページをご覧ください。
https://help.ubuntu.com/community/GutsyUpgrades

-- 
柴田 充也
mty.shibata @ gmail.com



ubuntu-jp メーリングリストの案内